*TRAVEL

スリランカ男子一人旅『ヘリタンス・カンダラマ』 pt11

6泊7日のアーユルベーダを終え気分も体もすっきり。午後一で念願のヘリタンス・カンダラマに向かいます。旅行前にお仕事仲間のカメラマンさんにスリランカいくならジェフリー・バワのホテル絶対とまりたいですよね!というお話をきいて、その時はよくしらなかったのですけど鬼サーチをかけ速攻ジェフリー・バワのファンになってしまいました。ヘリタンス・カンダラマはそのジェフリー・バワの建築したホテルで森のホテルと呼ばれている自然と一体となったホテルです。

●ジェフリー・バワ ジェフリー・マニング・バワは、スリランカのコロンボ出身の建築家。スリランカを代表する建築家で、トロピカル・モダニズム の第一人者としてホテルなどを手掛けた。 父親のベンジャミン・バワはムスリムと英国人の両親を持つ成功した弁護士で、兄のベヴィス・バワはランドスケープ・アーキテクトであった。今やビーチリゾートの代表的存在となったアマンリゾーツの代表、エイドリアン・ゼッカ氏が最も影響を受けたいう、伝説的な建築家です。

ヘリタンス・カンダラマはスリランカの中部やや上に位置するシギリアという場所にあります。今いるニゴンボからは車で約4~5時間ほど。電車でもいけますが乗り換えとカンダラマにいくまでにまた車でいく事になるなかなかの僻地にあるホテルなので時間があまりない今回の旅行ではハードル高そうだと思いタクシーで行くことにしました。タクシーのチャーターは宿泊施設からももちろん頼めますが間違いなく割高です。ニボンゴからシギリアあたりまでだとだいたい12000ルピーくらいとのお話でした。(日本円だと9000円くらいかな?)ウーバーでもよいですがスリランカ版ウーバーPick Meというタクシーアプリですとさらに価格も抑えて移動できますので便利です。トータルの運賃はたしか7000ルピーくらいだったと思います。トゥクトゥクを呼ぶこともできますよ。Pick Meうんちゃんと約4時間ほどのドライブ(なんかよくわかんないけど途中のランチおごりました)。途中で食べた路肩で売っていたトウモロコシの塩ゆでも不思議な食感でおいしかったです。茹でたあとさらに塩水に漬けてました。スリランカのトウモロコシはなんか固めで不思議な感じな食感。長いドライブも終盤、広い道から謎の私道的道を通り湖のほとりのホテルへ。

バワが完璧な場所をみつけてから立てたホテルだと聞いていましたがまさにです。一体どこに向かっているの?というようなぷちジャングルのような緑のトンネル、赤土の道を抜けたあたりに湖が現れ、その辺りにヘリタンス・カンダラマが見えてきます。お〜〜これはすごい〜!正面に湖をみるエントランスはなだらかな坂をのぼった上にあり湖の上の涼しげな空気がとても気持ちよいです。森とホテルが一体になっているように見えまさに自然との一体感、カンダラマ湖と岩山と森に挟まれそれらの自然に呑み込まれるような佇まい。エントランスから景観に溶け込んだルックスに感動しました

チェックインまでの時間、ロビーの先にある湖が一望できる屋外のカフェテラスのようなスペースでウェルカムドリンクをいただきます。そのあとチェックインです。おや??右前方に僕のほかにも日本人の方がいます。遠目でよくみえないけどアーユルヴェーダで一緒だった謎のカップルのような。。。気になる。。。
マークを抱えたまま部屋に。部屋も最高に素敵だ。うっとり。夕方前にチェックインしたので半日ヘリタンス・カンダラマ探索です。



ベランダにはおさるが訪問します。鍵をしめないと部屋にはいってくるから気をつけてね。
というシールが貼ってありました。おさる見たい。

宿泊したヘリタンス・カンダラマはこららから▼
ヘリタンス・カンダラマ(Heritance Kandalama)

関連記事

  1. *TRAVEL

    人生 初インド一人旅 その3(ニューデリー観光)

    出発前にツアーの詳細をあんまり調べてなかったのでどういう宿か、場所なの…

  2. *TRAVEL

    人生 初インド一人旅 その2(空港からニューデリーへ)

    インドの洗礼はデリー空港から始まりました。19時くらいに到着。もう…

  3. *TRAVEL

    人生 初インド一人旅 その4(tarabooksゲット)

    インド3日目。念願のアーユルヴェーダ初体験。デリー近郊のスパで…

  4. *TRAVEL

    スリランカ男子一人旅『ヨガとアーユルヴェーダ一週間 』 pt8

    猫とアーユルベーダの一週間ですが(猫とアーユルベーダ?)毎日夕方からイ…

  5. *TRAVEL

    スリランカ男子一人旅『カルナカララ・アーユルヴェーダ・スパ&リゾート』 pt3

    『パラダイスロード』からまたUberを呼んでゲストハウスで荷物をピック…

  6. *TRAVEL

    人生 初インド一人旅 その5(バラナシの洗礼)

    国内線でデリー空港からバラナシ空港へ約一時間。ガンジス川のほとりヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

PAGE TOP
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus