*LIFE

なんで手を叩きたくなるんだろう

なんで手を叩きたくなるんだろう

最近これをよく考えています。すごく感動したコンサートに行った時。すごく感動した舞台を観た時。絶妙なギャグを繰り出された時。なんで手をたたきたくなるんでしょう?これって理屈じゃなくて本能だと思いませんか?理由がわかっていてやっている人は皆無だと思います。ていうか僕もよくわかりません。ほとんど反射神経みたいな感じです。たぶん世界中で同じ目的でやっていそうな行動だと思うのです。人間って不思議ですよね。

拍手(はくしゅ)っていうのは手を叩いて音を出しますよね。手を叩いて発せられた振動が空気を震わせ響きそしてまわりに届きます。音は振動なんです。拍手っていうのは何かを震わせる行為なんです。神社にお参りに行くときも手をたたきます。これは拍手とかいて(かしわで)と読みます。この時、音を出そうってかんじではなくて空間をふるわせようという意識で叩くとすごく綺麗にパン!という音が響きます。びん!って空間に響くかんじです。気持ちってすごいです。人間には耳があるので音に反応しますけど、耳がないものとかに音は意味あるのかなと考えます。神社には神様がいますけどたぶん神様は実態がないので音などはわからないはずですよね。また変なこと言い始めたとお思いでしょうが、初詣、お参りなどに行ったことある人はこころの本当の奥底では神社に神様がいる。もしくは理屈ではよくわからないがあそこには何かある。と思っているはずです。でなければ無理やり連れて行かれたという以外、自分からは行かないのではと思います。どうやって神様もしくはよくわからない何かに『今日はここに来ました』と伝えるのだろうと考えるとたぶん振動だと思います。鈴をならすのもそうだと思ってます。拍手という振動を通して気がついてもらう、呼び出すのです。

舞台やコンサートだとどうでしょうね。たぶん、すごくよかった!という気持ちを演者さん、その舞台に携わった人々に音で伝えたいんだと思います。あんまり楽しくなかったら拍手しないし、すごくよかった!と思えばたくさん拍手したいですよね。舞台などのカーテンコールでその日一番輝いていた人への拍手はやっぱり大きいものです。視覚でも伝えたいと思った人は立ち上がり手を上にあげて叩くでしょう。

となると拍手って伝える手段なのかなって思います。

最近思わず手を叩いてしまったのはオンデマンドでたまにみているアニメの『一休さん』です。子供の時にはよくわからなかったのですけど一休こまっしゃくれててやや鼻につきますけど(笑)番組終盤に切り出されるおちの切り返しは実に見事です。一休よくやった!と拍手です。(たまに、それなくない?もありますけど)この場合、いったい誰に伝えているんだろうって話になりまして、そもそもテレビ画面に拍手するなんてあたまがおかしいのではないか、おまえは と言われればそれまでなんですけど 一休よくやった!と思うと拍手せずにはいわれません。「そもさん」 「せっぱ!」ちなみに一休さんは禅寺の修行僧です。

こうなると伝えるだけじゃないなってなりそうですが、もしかしたらテレビに伝えているにかもしれないですよね。さらにいえば一休さんになんですけど一休さんは画面にのなかにいるから存在があやういです。それが意味があるのか?といわれれば僕には今の所、答えはないんですけどそんな気もしたりします。そもそも存在する存在しないっていうのは僕がそのもの、事柄、に心を寄せた。とか、認識した。とかだけなのではと思います。自分の心に存在したものが存在したもので、自分の心にないものは存在しないと思います。だからみんなにとっては意味がなくても僕にとってはなんかあるんです。

手を叩きたたくなる時って心が動いた時なんです。『感動』って漢字でかくと感と動てかいてあります。 感じて動く。まさに動です。心が震えるとも言えます。気持ちが動き震え、たぶんほんとうに震えているんでしょう。物理的にいうと心が動いた時はたぶん細胞またその先の原子がさらに震えているんだと思います。音は振動です。その振動を自分の動作でさらに心を震わせ、手を叩くというのは物理的にも震わせてその時の気持ちを存分に味わう、そしてその気持を相手や対象と共有させてさらに開放するってかんじなのかなって思っています。あともれなくついてくる気持ちはポジティブな意味での『降参です!』とか『まいりました!』っていう感情です。これはなんなんだろう??たいていこの気持がはいっているときは拍手してると思います。不思議です。みんな思う存分、拍手をして気持ちを開放しましょう。

 

ピックアップ記事

  1. ゲームやってる時にたまに思う、これって人生と一緒じゃない?のおはなし(3)
  2. こたえがあるのかないのか その1
  3. 人生 初インド一人旅 その1(気がついたらインド旅行してた)
  4. 意識と次元のはなし
  5. 過去は変えられたりします(まじ?)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

  1. *TRAVEL

    スリランカ一人旅『アーユルヴェーダ体験記』 pt1
  2. *LIFE

    意識と次元のはなし
  3. *LIFE

    こたえがあるのかないのか その1
  4. *TRAVEL

    人生 初インド一人旅 その7(聖なる礼拝儀式プージャ)
  5. *LIFE

    どこまでが自分か その1
PAGE TOP
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus