*LIFE

ハイヤーセルフと自分の関係(ヒプノセラピー編)2

どんな前世だったか、一つ目は海外(ヨーロッパぽい感じだった)のそこまで大きくないけど、そこそこのお城に住んでいて、そこの王子でした。仲がいいのはそこで働いている厨房の人(コックさん?)とかばかりで自分の立場にしっくりきていない感覚だけはっきり分かる感じでした。なんで厨房の光景だけはっきり覚えているかというと、その厨房でなんか大事件がおきて、その働いている人が罰をうける場面があって、その人は僕とすごく仲が良くて、その人を逃がすか僕が身代わりになったみたいな感じで結局、最終的に自分が罪を背負う事になり城から追い出されます。

その後は地味で質素な生活を余儀なくされ、とても景色の美しい川辺で緑に囲まれながら水面を眺め「あぁ。。俺の人生これでよかったんだろか?」みたいな感情を感じました。

この時は、へぇ王子だったんだ。やったね🥳。くらいしにしか感じていなかったのだけど、もう一つ見えた光景もまさに、そんな感じでどっちも感じたことはめちゃくちゃ単純にいうと本当に納得した人生じゃなかったんだ。ってことです。この2つ見えた光景、前世の話は当時は速攻忘れてしまい、なんかしっくりくる答えがあるのかなと受けたヒプノセラピーでしたが、面白いなーという感じレベルで終わってしまい、その時の自分にはいまいちぴんとこないまま、日常に戻りました。本当はヒントだらけだったのだけど。

その後、約20年後にっちもさっちもいかなくなる時期が訪れ、新たにヒプノセラピーを受けました。そこは前に行ったところとは少し違っていてQHHTというヒプノセラピーでもう少し潜在意識に踏み込んだ感じの個人の潜在意識というより、その奥、集合意識の先にある叡智にふれるというかんじのニュアンスです。

そして最後にハイヤーセルフからのメッセージを受けられるというものでした。当時は半信半疑なので楽しみ!という感じでセッションを受けたのですが、まずは今の人生に影響している前世のシーンがみえるので見てみましょう。という流れです。その時にまた2つのストーリーが見えたものですが、受け終わったあとに気がついて本当にびっくりしたのですが、あ!この話しってる!!!すごい昔に受けた時にみえたやつだ!と(王子じゃないほう)。具体的な内容はあまりいいたくないのですけど、死ぬ間際の感情はざっくりいいうと、またもや「俺の人生これでよかったんだろうか。」という経験でした。

その時は昔に退行催眠を受けた事も、かなりあやふやな記憶ですっかり忘れていたので、やべーこれしってるよ。。。とかなり動揺しつつワクワクもしました。そして直感でわかった!これを避ければいいんだね!って。

そして、もっとびっくりしたのが過去生の記憶をたどったあとに、その過去生の死んだ後もさらにみてみるという経験でした。

つづく

ハイヤーセルフと自分の関係(ヒプノセラピー編)1前のページ

ハイヤーセルフと自分の関係(ヒプノセラピー編)3次のページ

ピックアップ記事

  1. 自由とは なんだろう? その1
  2. ゲームやってる時にたまに思う、これって人生と一緒じゃない?のおはなし(4)
  3. 意識と次元のはなし
  4. ▲エジプト▲ピラミッドツアー▲!(その1)
  5. 好きなことを仕事にする には?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

  1. *LIFE

    意識と次元のはなし
  2. *LIFE

    自由とは なんだろう? その1
  3. *TRAVEL

    スリランカ男子一人旅『ヘリタンス・カンダラマ 探索』 pt12
  4. *TRAVEL

    ▲エジプト▲ピラミッドツアー▲!(その1)
  5. *LIFE

    深刻になるとろくなことがない
PAGE TOP
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus