*LIFE

どこまでが自分か その2

みなさんイームズという人を知っていますか?ミッドセンチュリーモダンを代表するデザイナーで椅子のデザインが有名なのですけど あぁ!これね!みたことある!って感じの椅子だと思います。(ぐぐってね)建築家でもあり映像作家でもあります。夫婦で制作活動を行っており1977年に「パワーズ・オブ・テン(Powers of Ten)」という作品を発表しました。

IBMが出資して作成された映像といわれてます。僕はこれを最初にみたのはたしか20代の頃だったと思うのですが、あまりの衝撃にやや恐怖すら感じました。理屈はよくわからなかったのですけど怖かったのです。実際の映像は怖い要素なとまったくないし、実に洗練されたイームズらしい作品です。この映像のテーマはミクロからマクロです。すごく小さいものからすごく大きななものへの視点の物語です。今でいう量子力学などにも通ずる映像だと思います。

すごく小さいもの
細胞 → 原子 → 原子核

すごく大きいもの 
地球 → 太陽系 → 宇宙

僕たち人間の視点はこの間にあります。意識も普段は目の前にみえるこの間の世界にあるかと思います。ここがすべてだと思っているので他の視点があまりわかりません。Powers of Tenを見ると否応無しに自分の立ち位置があやふやな感覚に陥ります。たぶんこれが当時はすごく怖く感じたんだと思います。なんかよくわかんないけど自分ってなんなの? という感じです。最初みたときのざっくりとした感想は 自分のなかに宇宙があるんだ です。

最高に刺激的なのでぜひごらんください。

関連記事

  1. *GOOD SONGS

    あけましておめでとうございます。

    あけましておめでとうございます。(おそいね)ROBOT FUNKと…

  2. *LIFE

    Ghost Bikes

    NYでは、メッセンジャーが事故で無くなった場所に全部、白塗りの自転…

  3. *LIFE

    平泳ぎ的な生録です

    先週、土曜のSECRET SERVICE@LOOP急な話だったけど…

  4. *LIFE

    中目の桜もchillに散りまくり

    まだまだ、中目黒桜街道目当てでたくさんの人でにぎわう土曜の午後。なぜ…

  5. *LIFE

    海馬問題6月

    今日の朝までに返せばDVD延長料金なし!って意気込んで朝はやく家でた…

  6. *LIFE

    おまらイメージ

    先日、映画を見に行った時の予告編でなんだか気になる映像が。。もしかし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

PAGE TOP
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus