*LIFE

どこまでが自分か その2

みなさんイームズという人を知っていますか?ミッドセンチュリーモダンを代表するデザイナーで椅子のデザインが有名なのですけど あぁ!これね!みたことある!って感じの椅子だと思います。(ぐぐってね)建築家でもあり映像作家でもあります。夫婦で制作活動を行っており1977年に「パワーズ・オブ・テン(Powers of Ten)」という作品を発表しました。

IBMが出資して作成された映像といわれてます。僕はこれを最初にみたのはたしか20代の頃だったと思うのですが、あまりの衝撃にやや恐怖すら感じました。理屈はよくわからなかったのですけど怖かったのです。実際の映像は怖い要素なとまったくないし、実に洗練されたイームズらしい作品です。この映像のテーマはミクロからマクロです。すごく小さいものからすごく大きななものへの視点の物語です。今でいう量子力学などにも通ずる映像だと思います。

すごく小さいもの
細胞 → 原子 → 原子核

すごく大きいもの 
地球 → 太陽系 → 宇宙

僕たち人間の視点はこの間にあります。意識も普段は目の前にみえるこの間の世界にあるかと思います。ここがすべてだと思っているので他の視点があまりわかりません。Powers of Tenを見ると否応無しに自分の立ち位置があやふやな感覚に陥ります。たぶんこれが当時はすごく怖く感じたんだと思います。なんかよくわかんないけど自分ってなんなの? という感じです。最初みたときのざっくりとした感想は 自分のなかに宇宙があるんだ です。

最高に刺激的なのでぜひごらんください。

どこまでが自分か その1前のページ

こたえがあるのかないのか その1次のページ

ピックアップ記事

  1. 深刻になるとろくなことがない
  2. 人生 初インド一人旅 その1(気がついたらインド旅行してた)
  3. なんで手を叩きたくなるんだろう
  4. やりたい理由とやらない理由(直感を大事にする方法)
  5. 自由とは なんだろう? その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Contact

  1. *LIFE

    やりたい理由とやらない理由(直感を大事にする方法)
  2. *LIFE

    なんで手を叩きたくなるんだろう
  3. *LIFE

    コロナ騒動について思うこと
  4. *LIFE

    好きなことを仕事にする には?
  5. *LIFE

    才能の見つけ方
PAGE TOP