*LIFE

バカは最強(ばかゾーンを活かせ)

バカは最強 

なんともまぁ大胆なタイトルでしょう🙃がおもいついてしまいましたが、僕がここに書いている日記というかコラムといいますかは唐突に思い浮かぶというか、突然降った湧いたかのように上から内容が降りてくるんです。(いたこ感)ちなみに、セッションのときも上から内容が降りてくるので半分くらい自分が何を言っていたか覚えていません。

バカは最強、なんでそう思うかというと、僕的に今までうまくいったことというか突発的な考え方といいますか、それらの思考パターンが相当「ばかゾーン」の思考だからです。
世間一般では賢い人のほうが偉いといいますか、賢いの定義にもよるのでなんともうまく説明できるかわかりませんが、僕的には「ばかゾーン」のパワーわかってる人ってめちゃ賢いってかんじです。

ここでいういわゆる「ばか」はなんというか、常識をガン無視するとか、普通じゃない、とかそういう感じのニュアンスです。
なんでバカは最強かと思うかといいますと、賢いといいますか、知識がたくさんあるといざというところで踏み出せないことがけっこうあるんです。(もち人それぞれですが。知識はもちろんめちゃ大事でもありますが、ある時点では必要のない時があります)

たとえば、わかりやすい例でいうと学校の先生とか親が望む子供の進路とかそういう感じです。

親や先生は、思いやりや、やさしさから、いい学校にって、安定した生活をおくってほしいと願い、いい学校にいかないと「ばか」だとなります。でも実際はそんなのは子供の幸せにはほとんど関係ないんです。いやいや、確率でいったらいい学校にいったほうが給料もいいし、いい職についてるよっていわれるかもしれませんが、そこに幸せは比例してついてきません。「ばか」はそこがわかってます。賢いから。

僕は時と場合によりますが、唐突に「ばかゾーン」炸裂になるときがよくありまして、やりたいことをやろうときめるときに多いです。
普段はグラフィックデザイン、内装デザイン、最近はセッションとかセミナーをやっているんですが、それらをやりたいなとか、どうしようかな?とか迷った時の思考回路はだいたい「ばかゾーン」です。

内装業に関しては、昔から建物とか内装とかようは居心地のよい空間が大好きなんですけど、大好きすぎて自分でもやってみたいな〜と思ったんです。今までみた最高にやばい空間はクフ王のプラミッド内部とヘリタンス・カンダラマです(極端ですね)あと世界遺産はだいたいやばいです。その時の旅行日記などはちらからどうぞ
あと好きなのは古い郵政宿舎とか最高に好きです。というか基本、古い建物がすきです。かわいいから。

内装業をやってみたいなと思っても、特に勉強もしたことないし、そもそもやり方すらわからないし、それが仕事になる方法もわからないので特に行動してなかったんですけど、ある時期にあれ?やりたいのにやらないなんていけてない。と思ったのでやることにしました。セッションもセミナーもそうです。やりたいのにやらないなんていけてない。です。まぁこの考え方は僕個人の考え方なので皆にあてはまるとは思ってません。

で内装業というかリフォーム業はしつこくそう思っていたら、あれよあれよという感じで施工業者の人と一緒に店舗のデザインなどを実際にやることになりました。

どういう流れだったかというと、新しい事務所の物件を探していた時、賃貸なのにフルリフォームokという物件にたどり着き。好きにしてok。借りてくれるならリフォーム代金は家賃から折半してもいい。という僕にとっては夢のような条件でした。すさまじくボロボロだったのですが、最高にかわいい建物だったのでうれしすぎ&即決でした。そしてそのリフォーム時に知り合った施工業者の方が僕がいろいろアイデアをいっていたら面白いと思ってくれて、僕がそれを職業にしたいといったら一緒にやりましょうという流れです。その時の写真などはこちらからどうぞ

ただ、その時、ほんとにできるんだろか?と不安が頭をよぎり、そもそも仕事でやった経験がないからです。(普通そうですよね)図面もかけないし、読めないし、ただアイデアだけはいくらでもあるのでそこだけは自信あったのですけどスキルが激しく欠落しているんです。どうしようかな。。。とモンモンとしてた時ふとある考えが頭をよぎり、これだ!と思いました。

三匹の子豚すら家たててんだから、俺にできないわけがない

ツッコミどころ120%ですがこの時は本気でそう思ったんです。これがバカゾーンの素晴らしさです。まったく根拠のない意味不明な自信です。

で、その後、リフォーム&内装業はいろいろありまして組んでいた人が失踪し(まじかよ)おやすみしてたのですが、最近またとある流れからその経験がいかせる出来事が目の前に展開し、今は山梨でbashika villegeという村づくりをしています。この流れもほんとにすべてがミラクルとしかいいようがない流れなのですが、このお話はまたこんど。

みんな何かを決断したい時は「ばかゾーンを活かせ!」と僕は声を大にしていいたい。理由なんて自分が納得できればなんでもいいんです。

人間が何かを後悔する時は失敗した時ではなく、やらなかった時です。後悔というのはとても、とても、歩みを遅くさせるできれば避けたいことでもあり、その人の輝く未来をせばめる少し遠回りな選択でもあるのです。


ps 写真の人たちがバカって意味ではありませんw bashika villege作業風景です。

photo by toru hiraiwa







愛でビジネス 11月30日開催前のページ

愛でビジネス BASIC 12月8日開催@山梨次のページ

ピックアップ記事

  1. スリランカ一人旅『ヘリタンス・カンダラマ 探索』 pt12
  2. ゲームやってる時にたまに思う、これって人生と一緒じゃない?のおはなし(4)
  3. なんで手を叩きたくなるんだろう
  4. 深刻になるとろくなことがない
  5. 意識と次元のはなし

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Archive

Contact

  1. *LIFE

    やりたい理由とやらない理由(直感を大事にする方法)
  2. *LIFE

    全部本当で全部ウソ
  3. *TRAVEL

    ▲エジプト▲ピラミッドツアー▲!(その1)
  4. *LIFE

    コロナ騒動について思うこと
  5. *LIFE

    深刻になるとろくなことがない
PAGE TOP